じゃるか中国語アカデミー
中国語を交わす。中国文化に触れる。"じゃるか"は皆さんを中国にいざなう案内人です。 お問い合わせ

2012年07月15日

カルチャ―ショックU

李婷.jpg大家好!婷婷来报到了。

お久しぶりです。最近、ちょっと暑くなりましたね!
皆さん、お元気でしょうか。

婷婷今住んでいるところは、五人のルームシェアで、
その中、三人が風邪を引いちゃったんですよ!
婷婷はチョー元気で、大丈夫です!(*^‧^*)
その中の二人は、中国人で、日本の薬をたくさん飲んだけど、
全然効かなかったんで、私は中国から持ってきた薬をあげました。
二日間で、ずいぶんよくなったそうです。
やっぱり中国の薬が強いから、中国人の体質に合いますよね!
逆にね、天津で知り合った日本人には、中国の薬を飲んで、
もともとの病気が治らないのに、下痢になってしまったことが
たくさんあったんですよ。
みなさん、もし中国に行くなら、気を付けてくださいね。

ところで、昨日、中国からの留学生の学部生と一緒にご飯を食べました。
後輩たちは、7月1日に日本語能力試験1級を受けました。
そのことについて、みんなでいろいろしゃべりました。
听力(ting1 li4)<リスニング>の問題には、こういう会話が出てきて、みんな全員間違いました。

A:明日、一緒に〜〜に行きませんか。花がたくさんあるし、食べ物もおいしいよ。
(「〜〜〜」の内容、みんなが聞き取れなかったんで、ご省略します。)
B:はい、予算は?
A:交通費は〜〜。ホテルは〜〜。
B:はい。
A: 遊ぶ時のアイスなど〜〜。
B:はい。
A:大体〜〜円ぐらいかな。
B:はい。今は、ちょっと。。。。。。
A:分かった。じゃ、またね。

という会話でした。皆さん、どうですか。
日本人ネイティブにとって、そんなに難しくないでしょう。
でも、中国人の後輩たちは、なんで全军覆没(quan2 jun1 fu4 mo4)?
<もともとの意味は、「戦争中全軍が壊滅する」だが、
今、全員間違ったという意味で、半分冗談で大げさに使われる。>
それは、日本語の「はい」と「ちょっと」が引っかけなんですよ!
中国語でも英語でも、肯定は「是」(shi4)「Yes」で、
否定は「不是」(bu2 shi4)「No」なので、はっきり答えます。
でも、日本人は相手の話を聞くとき、マナーとして「はい」で、あいづちしますよね。
それは、別に<認める、受け入れる、賛成する>の意味ではなくても、
ただ真面目に話を聞いている、という合図ですね。
それに、「ちょっと」は理由を言いづらい時に、後の部分を省略しますね。
後輩たちの話によると、後の話も期待したのに、終わってしまったんそうです。
それも、日本語の特色ですね。しかし、学部2年生の後輩たちは、まだ慣れていないから、全军覆没になってしまいました。

そして、中国語の授業で日本人の生徒さんにその話を言って、
「なるほど」と言われました。本当にそうだね!
前回の話もそうだし、外国人学習者ではないと、そういうミスにならないから、
カルチャーショックの面白さもわからないでしょう。
でも、こういうことが一回間違ったら、ずっと覚えられるでしょう。
逆に、いい勉強になりますよね!
みなさん、間違いを恐れないで、一緒に楽しんで外国語を勉強しましょう。

では、またね〜
posted by Jack Lee at 13:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 李婷老师の日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57058053

この記事へのトラックバック