じゃるか中国語アカデミー
中国語を交わす。中国文化に触れる。"じゃるか"は皆さんを中国にいざなう案内人です。 お問い合わせ

2008年05月22日

上海メディアグループ(S.M.G)北海道取材シリーズ TT

前回の続きです。

北海道の観光地には外国人旅行者が実に多いということを実感しました。
今回上海メディアグループの北海道取材に同行して行った「ノーザンホースパーク」、「白老ポロトコタン」、登別温泉、洞爺湖温泉など、札幌周辺の観光地の至る所に外国人観光客が溢れていると言っても過言ではないでしょう。
4日間の取材にわたって私個人的な感想をここで報告したいと思っています。

■「ノーザンホースパーク」:
来日十年経った私も初めて行きました。個人的にテーマパークはあまり好きではないですが、とても綺麗でした。展望台で放牧されていた馬を見て上海人は全員感動しました。北海道に来た、という感じですね。

■「白老ポロトコタンアイヌ民族博物館」:
外国人にとってここを楽しむには事前の学習が必要です。特に中国はもともと民族の多い国なので、ピンと来ないというのは事実です。しかし今回の取材班はここですごく盛り上がりました。理由は2点だと思います。
1、ショーの司会者のトークが抜群にうまいことです。ハングル、中国語、広東語、台湾語のポイントを使ってアイヌ民族の歴史と文化を非常に分かり易く紹介していたことに感心しました。
2、様々な体験学習ができました。団体旅行には不向きでしょうが、やはり自分から参加できる娯楽性はとてもポイントが高いと思います。

■登別温泉、洞爺湖温泉:
両方とも老舗の温泉旅館に泊まりました。印象は半分以上アジア系の観光客。
「どうやって温泉に入るんですか?」と取材班の皆さんに聞かれました。
中国人は皆と一緒に風呂に入らないという誤解があると思います。実はちょっと前まで中国にもたくさんの公衆風呂場がありました。住宅はあまりよくなかった時代に、ほとんどの人は近くの銭湯に行っていたのです。もちろん私もそうでした。
日本の公衆浴場にはたくさんのマナーがあります。しかし私はそれはマナーというよりも習慣と言ったほうが適切ではないかと思っています。温泉の入り方のパンフレットに「○○○してはいけません。」と禁止事項をたくさん書かれてもやはり不親切だと思います。結果的には私が日本人に替わりに取材班の皆さんに「温泉の入り方について」の講習会をしました。まずは浴衣の着方からです。

長々と2日間の行動を報告しましたが、皆さんの意見も是非聞きたいと思っています。
posted by Jack Lee at 20:26 | Comment(5) | 日記

2008年05月18日

上海メディアグループ(S.M.G)北海道取材シリーズT

李強です。

5月12日中国四川省に大きな地震があり遭難者は5万人にものぼるという大惨事になっています。中国人として大変心が痛んでいます。そして周りのたくさんの友人が関心をもってくれて励ましの言葉を頂きまして感謝しています。

ちょうどその日には私は通訳として上海メディアグループ(S.M.G)の北海道取材に同行していました。このニュースを聞いて取材班の皆さんも不安が出てすぐに上海の本局に連絡取って状況を確認していました。

今回の北海道取材は5月11日〜5月14日までの4日間でとても短い期間ですが、北海道観光PRとしては大変有意義なことだと思います。HTB北海道テレビが企画していたもので中国本土のメディアのカメラが北海道に入って取材をしたのは実に初めてのことだそうです。中国という巨大マーケットに対して今後どのようにPRをしていくのかが、北海道観光産業にとってももっとも重要な課題だと思います。

今回の取材の中の出来事をまた次回皆さんに報告したいと思います。
posted by Jack Lee at 11:24 | Comment(3) | 日記

2008年05月13日

「じゃるか」をよろしく!

大家好!我叫李強。
はじめまして。じゃるかの李強(り きょう)です。

10年前中国の上海から北海道の札幌にやってきました。2000年に「中国茶専門店 楼蘭」を始め、それと同時に中国語教室も開きました。そしてこのたび、ついに「じゃるか中国アカデミー」を大通にオープン!8年の間、ずっと夢見てきた中国文化サロンです。

「じゃるか」は、中国語教室や、太極拳や点心など中国文化教室を通して交流を広げ、日中間の友好の架け橋の一つとなっていきたいと思っています。皆さん、どうぞよろしくお願いします。お気軽にお立ち寄りください!
posted by Jack Lee at 19:53 | Comment(0) | 日記